正しいとか正しくないとそういうのは…ねぇ

しゅうです

多分突っ込みどころがある「大人の×2」

こう書いて「おとなのじじょう」と読みます

これはみんなで話し合って決めた名前です。

そして僕が発案した名前ではありません

ですがこの名前はいろいろと好きです。

 

響きから言うと「大人の事情」ですよね

でもコレは言葉遊び

大人×大人=大人^2と書くのが数学で言う常識ですが、別にそんな意味を込めたわけではありません

検索してみると同じ名前のバーを探せました。

あぁ、考える事というか表現としては同じなんだなと…

大人の僕らが様々な事情で集まりながら芝居を作る、それはあたかも「大人×人数」ではなく累乗のようにさらに面白いものを作り上げていく可能性…若い頃のようにがむしゃらに突っ走る!というのは辞めて(…というよりできないのですけどね)、いい年した今では、それぞれの都合や事情を抱えてるからそれと向き合いながらでも同じ目的で集まった中まで挑戦していこう…

 

的な…

そんな意味を込めての団体名「大人の×2」と書いて「おとなのじじょう」です。

こんな説明でいいかな?代表(笑

 

あ、ちなみに団体名に「劇団」とか書いていないのは、これから芝居に限定しない創作活動、パフォーマンス活動をしていく意味を込めて何もつけていません。

こんな年でも若いメンバーもいます。

できる事はまだまだ無限大ですよ。

芝居もやればショートムービーやらダンスやら音楽やら、なんだっていいじゃないですか。

…という事なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です