うみと桜と錯乱日和。

「お前格好いいパンツ履いてんな」
「は?なんだよ気持ち悪ぃ」
「お礼言うならわかるけど何だよ気持ち悪ぃって。せっかく褒めてるのに」
「女子じゃねぇんだから。下着褒められても嬉しくねぇよ」
「…そっちのパンツじゃねぇわ!」
「だったら始めからズボンって言えよ!まったくいつの間にかズボンをパンツと呼ぶ文化になっててよ!紛らわしいわ!」

で、お馴染み多田ヒカリです。脚本を書いてました。こんにちばんわ。

「書いてました」と過去形にしてはいけないよ。「書いてます」と言わなければならないね。はい、書いてます。生み出します。産み出します。膿み出します。心の膿みをペンに乗せ作品を生み出します。
「膿み」って聞くと穏やかじゃねーなと思っちゃうけど「海」って聞くと広いな大きいなと思っちゃうし「産み」って聞くと頑張れヒッヒッフーって思っちゃうし「うに」って聞くと美味しそうだなと思っちゃう。
あ!コラ!今はウニあっちに行ってなさい!「うみ」の話しをしてるんだ私は!

で、何を書こうとしてたんだっけ。あ、そうそう世の中の話しだ。
世の中は桜前線が北上中。
しかし私の心の中は錯乱が常駐。
お、韻が踏めました。ラッパーみたいだイェッ!チェキラウッ!

そろそろ真面目に書かないと。怒られる。

まだメンバー全員からOKは貰ってませんが、一応脚本できました(仮)。
多分今回も演出もする事になるんでしょうな(仮)。

いつも思うのだけれど、ブログ一つまともに書けないヤツに、上手く話しをまとめられないヤツに、よく脚本とか任せるよね毎度。どーなってんのさ大人×2。
いやいや逆ですよ旦那。あえてこの自由に何でもやれる雰囲気をかもし出す雰囲気。ね、いい雰囲気でしょ。

結局あれですよ、メンバーの個性とかスキルとか様々なものを、きちんと受け止めてくれる団体って事ですよ。

…よし!我ながらナイスフォロー。これで大丈夫。フゥー。

あ、追ってが来たので今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です