月曜ブログ「じじょう的独り言」〜季節はめぐる

年度末の忙しさにかまけて、気がつけば水曜です(汗)

週に一度なんてあっという間ですね…

先週は札幌から来た大学生のチームが作る短編映画のキャストとして起用されたりしましたが、昨日はラジオ番組の中で使われる朗読劇の出演も受けまして…

マイクチェック中
マイクチェック中
とったテイクを聞いて確認中
とったテイクを聞いて確認中

と、少しずつではありますが活動の場が広くなってきた「大人の×2」です。

そもそも私たち「大人の×2」

「劇団」という冠はつけておりません。

確かに、芝居経験者が半分くらいいますので、芝居を中心に活動していますが芝居だけにとらわれない活動をしていく意味も込めて、あえて冠はつけてないのです。

だからと言って「劇団 おとなのじじょうさんです」と紹介していただいても、間違いではありません。

この先構想にあるものは…

・芝居…もちろんこれが基本ではあります。

・映画製作

・朗読劇

・学校鑑賞に耐えれる芝居を行う活動

・技術指導、セミナー、ワークショップ

・イベント企画

…なんてものもやっていければなぁ〜とは思ってます。

もちろん、このリストはこれからやっていく予定ではなく、構想です。

だからと言って「劇団」というなら劇だけやっていればいいだろ…

なんてことは思いません。

あくまでアマチュアの団体なんですから、楽しいことを本気で向き合って作り上げたいだけなんです。

だからこそ、ただの「仲良し集団」であってはいけないのです。

多くの団体がこのジレンマと戦いながら、向き合いながら運営してるところが多いと思います。

それとメンバーのモチベーションも大切です。

公演が終わった後に達成感と虚無感に襲われ、そのままもうやりつくした感でモチベーションが下がる人もいます。

でもそれって、当たり前の話で、よし、次に行こう!

なんて考えられるほど余裕がない状態まで持っていくわけですからね。

一度「産みの苦しみ」を経験すると、こういう創作活動ははまりますね。

そんなこんなで、僕も高校から携わってきてすでに28年…

え?

28年も経つんだ…

芝居を全くしない期間もありましたが、映像なりの創作はやってきたわけですが…

でも、まだそんなもんです。

だんだん面白くなってきました

この「大人の×2」

どこまでいくかが楽しみです。

あ、そうそう

メンバーの言ったこの言葉がうちの集団の特徴を捉えてるかもしれません

「解散しない集団」

頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です